サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

15年続くお稽古ごと。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

わたしのブログ。

記事本文の字が小さすぎて、ストレス感じます・・・早くなんとかしたいです、サクヤです(ネット音痴すぎ)。


  • 貧乏なのにお稽古ごと
  • わたしの中のバレエの魅力
  • 続ける意味

貧乏なのにお稽古ごと

飽き性のわたしが週二回、15年続けている趣味があります。

それは、クラシックバレエ!


大人になって始めたので、それはそれはお人に見せられるものではございません。



今は現状維持で精いっぱいの柔軟性と体力。
何年やってもターンやジャンプなどできない事だらけだし、少し上手くできたと思っても次にはリセットされるし、大人からの身体条件には不利すぎて、本当にやってて辛くなるのですが、気持ちも身体も整うのでレッスンの後とても心地が良いのです。



わたしの中のバレエの魅力

ずっと、立ち仕事してきましたが、間違った立ち方によって姿勢ボロボロ、変な筋肉がつきまくっていました。

・骨盤前傾
・反張膝(はんちょうしつ)
・前肩
・扁平足
・浮き指
・浅い呼吸


バレエではこのような姿勢を正し、呼吸も合わせてニュートラルな状態で伸びやかに立ち、柔らかくしなやかに筋肉を使っていくため、とてもきれいな姿勢とスタイルになることが期待できます。



わたしはレッスンを通して自分の体の癖や、違った使い方を知ることができ、ずっと悩まされていた腰痛や、足のだるさが少しづつ改善してきました。


健康維持、体型維持にはとっても良いバレエ♡


しかし、本来バレエは舞踊を主体とした総合芸術なので、わたしのそれはバレエ界にも及ばない底辺の底辺。



続ける意味

生活が厳しくなっても、何度も辞めさせられそうになっても、ずっと辞められずにいるのは、常に美しさを求めて追求していくところ。終わりのない、絶対に完成されることがない未知の世界であるから。


音楽に包まれて、爪先まで全神経を研ぎ澄まし、身体を動かしていくことの気持ちよさが、身に染みて忘れられないからかな、と思います。


(要するに沼ですね・・・。)


バレエでなくても、何かしら身体を動かしたり、深い呼吸を意識してみてください。
次の日、身体の軽さが違ってきますよ〜!



では。