サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

汚部屋の住人は夢をみる

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ミニマリストに憧れています。

というよりも、
少ないモノで暮らし、シンプルな生活リズムで過ごすことに憧れています。



現実は汚部屋に住んでいます。



とてつもない量の「モノ」のに囲まれて生活をしていると、ふと、色んなものを諦めかけてしまいます。

だけどここ最近、やはり諦めてはいかんぞ!と。

この狭い「六畳・六畳・台所」の大部分を占める「モノ」たちを、いつかは処分しなければいけないのですから。

片付けをする人の苦労も考える年頃になりました。



自分の理想を求めて、なりたい自分になるために、意識的に変えていきたいと思ったのです。


とくに複数あるモノを書き出してみたいと思います。


大好きな服や小物たち

・500着はあります
・下着類は死ぬほど
・帽子も20個くらい
・靴 60足くらい



趣味のカメラ

・一眼レフからおもちゃなども合わせて20台くらい
・レンズやら
・専門誌など多数


PCや周辺機器、パーツ、アクセサリ類

・古いMacやWindows、自作PCやノート10台以上
・モニターだけでも5台
・タブレット2台、古いiPhone4台
・マザボやらファンやらよくわからないパーツ、何かのケーブルもゴロゴロと
・マウス20個くらい


新しモノ好き家電など

・扇風機、サーキュレーター5台
・ヘッドホン、イヤホン20個
・ゲーム機7台、ソフト30本


癒しのキッチングッズ

・包丁などはもちろん
・とにかく空き瓶を捨てさせてくれない
・プリンとか入ってた器とかー
・フォルムの素敵なペットボトルの容器とか
いらなくない?

・17年前の引越し以来、開かずの押入れにガンプラ山ほど・・
・CD、DVD山積み
・あ、あとキッチンには自転車4台もありました・・・


モノを大切にし過ぎる同居人の精神状態や思想は置いておいて、自分には何ができるのかと日々思い悩みます。


わたし自身はモノにあまり執着しないのですが。

昨晩、こっそりと調味料の空き瓶を捨てました。複数あるもののひとつです。

また、成果が出てきましたら、ここに書かせていただこうと思っています。




では。