サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

防災を備える、考える

スポンサーリンク

この記事をシェアする

先日の台風に続き、今度は地震まで。


台風や水害など、比較的影響のない地域に住んでいますが、この日本に住んでいる以上、地震の被害はいつ我が身におきてもおかしくない状況です。



防災の意識は、日常を過ごす中で、徐々に薄れてしまいがち。


やらなきゃやらなきゃと考えるだけで、なかなか手をつけられずにいます。


まず意識的に「考えて」生活するだけでも、ふだんの行動パターンに反映されるはずです。たぶん。


  • 被災した時のことを考える
  • 今すぐにでもできること
  • 少しずつ買い足す

被災した時のことを考える

もしも震度4以上の揺れがきた時、自分の部屋はどうなってしまうのかと想像すると、一刻でも早く片付けをしなくては大変なことになりそうです。


・テーブルの土台に乗せただけのガラスの天板
・あらゆるモノを吊り下げたキッチンのメタルラック
・ラック上段に置いただけのグラスたち


モノが多すぎて絶対に散乱して足の踏み場なくす!
それでなくても、家財道具なんかはいろんな方向から倒れ、ふっ飛ぶ可能性があるのだから。


仮に、寝床の近くに靴を置いておくとして・・・
散乱したモノを回避できても、出口を塞がれる可能性が大なのです。


気になっているところがありまして。

こちら、わが家の入口(出口)でございます。
玄関から入って、正面のゲタ箱を撮りました。(わー汚ない、ごめんなさい)


左下に見えるベージュ色のがゲタ箱の扉。天井までいっぱい靴の箱が積まれています。


右の壁側にも靴を置いておくラックがあり、一番上の段が写っています。


さらに床にも10足くらいの靴が散らかっています。(片付けろよ、という声が聞こえてきますね、ええ)


大きな強い揺れがくると靴の箱が床に散乱します。落ちてこないようにネットでも張っておこうか考えたりもしました。たぶん飛び出してくるので無理でしょう。


なにより、

うちの玄関、内開きなのですよね・・・

外に出ても危ないかもしれません。
家の中に閉じ込められるのも恐怖です。



ここを何とかしたいのですが、なかなか処分まで踏み切れません。(履いていない&劣化して履けないのにです)良い案はないものか。


今すぐにでもできること

とりあえずは自分の持ち物、集めた雑貨やアクセサリー類。
もう年齢的に子供っぽすぎるし合わない、使わないかな?というものを毎日少しずつ断捨離しています。


小さなものですが、断捨離が簡単にできます。
(やった気にならないように!笑)


少しずつ買い足す

非常用持ち出し袋を作っておこうと思うので、いろいろ買い足しが必要です。

・ペットボトルのお水500ml×2
・モバイルバッテリー
・マスク
・懐中電灯
は欲しいな。

最近では救援物資がすぐに来てくださるので、それをあてにし過ぎるのもアレですが、大量に余計なものは要らないのかも?

猫用のペットの防災グッズは必要です!
(全然調べてなかった、何が必要?)

今度買うものリストを作ってみよう。


今後、同居人とどのように向き合えばよいか、できれば思い描いた未来を共有したいですね。
おそらく理想は同じはずなのですよ、趣味が似ているので。


被災に備えた汚部屋の改善を頑張ります♪




では。