サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

【うどん愛】うどん好きが食べたうどんの画像を上あげるよ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

うどん、お好きですか?


うどんは好きでもない、嫌いでもない。
うどんなんぞどうでもいい派でした。


引っ越してきた土地柄か、休みの日にうどんを食べる機会が増え、しだいに毎週うどんが食べたくなりました。


体がうどんを欲し、脳がうどんを欲します。



(それ小麦粉依存な)


以下、画像とかんたんな感想を上げていくだけですので、ご了承ください。




ごりごりの麺、あつあつのかけ出汁に、薬味がかおる。ほんのり甘くジューシーでやわらかな油あげをトッピング。




ツルツルと喉ごしのよい冷かけ。ここの七味が絶品で香りがよく上品な味わい。




もっちり麺がやみつき。わかめや大根おろし、カリカリ梅が取り放題なのがうれしい。トッピングのアジフライはてっぱん。




ハフハフと汗かきながら食べる釜上げカレーは最高でしかない。




甘めに炊かれた牛肉とシャッキシャキの青ネギが疲れたからだに染みわたる。出汁にもやわらかな甘さがひろがってついついお汁を飲みすぎてしまうくらい。




きゅっとしまったぷりぷりの麺にツユがよく絡むざるうどん、5玉はいけそう。珍しいアメリカンドッグをチョイス。




ででーんと冷かけ。控えめなお揚げさんが素朴で優しいお味。




大海老天おろしのひや。角のたった麺の弾力がハンパなくうまくて忘れられない君。サクサクぷりぷりの海老天は中がほんのりレアで甘さが口中にひろがる。




シンプルだけど、それだけでいいと思わせてくれる。永遠に食べ続けていたい。




砥部焼きの器がかわいい、海老天ぶっかけ。この温泉たまごを箸でほどいて麺にからめたときのことを想像してみてほしい。



もっちりとした麺とキンと冷えたかけ出汁。透きとおる出汁がきらりと光る。




釜上げカレーは半分くらい食べたあと、あつあつのかけ出汁を注いでカレースープにして食べるのが通!




ほろっほろのお肉がたっぷりのった肉うどん。玉ねぎからも甘さが出てただただ元気になれるメニュー。やわらかめの麺が相性バツグン。




細めの麺がぎゅうぎゅうたっぷりのひや冷かけ。いくら食べても減らないので幸せがながく続く。お気に入りのとり天をチョイスして栄養もしっかり。




懐かしいお家風のカレーに出汁がセットされたカレーうどん。トロトロと麺にからむのでペロッと食べられるのが最高。




毎週のように通える近所のお気にいりうどん。麺も出汁も天ぷらもトッピングもお値段も、全部がそこそこにいい感じ。



.....................



手軽に食べられて満腹になれる。
つるつるとした喉ごしは幸福になれる。


キリッといりこがきいた出汁をすすれば、五臓六腑にしみわたって日頃の疲れがとれるような気がする。



気がするだけ、たぶん。




サクヤでした。