サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

【断捨離】汚部屋の住人が何年もかけてミニマリストを目指すプロジェクト

スポンサーリンク

この記事をシェアする

わわわ!



10日間不在だった同居人が、月曜に帰ってきます!


よしっっ!!


先日、大断捨離をしましたが、まだ部屋の中はゴミ袋の山で圧迫感。くつろぐ場所、あるく場所を占領されています。


破砕ゴミの収集日は月曜の朝です。


出せる、出せるぞ!!


同居人に見つからずに捨てられるぞ!



明日は、布や紙の収集日。


4袋分の衣類、運びきれるかわからないほどの写真集や音楽雑誌。


早起きして、頑張って捨ててきます♩
(あ、明日は早起きして京都にお出かけなんだった)


1年間、この時を待っていました。わたしの部屋の押入れを片付けただけに過ぎませんが、大きな第一歩を踏み出せた感じです。


とても嬉しい。


これは汚部屋の住人が何年もかけて、ミニマリストを目指すプロジェクト。


ここぞとばかり同居人のいない間に、大量のゴミとして捨ててしまいますが、彼の持ちモノは勝手に捨てたりしませんよ。ご安心ください。






では。