サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

2018年、最後のぼやき(たぶん)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ぼやきます。

 

 

昨夜は、同居人が飲みに出かけていたため一人で過ごしました。いつもお帰りは朝の8時ごろです。

 

 

一人で過ごす夜というのは自由でありながら、いつもは後回しにしてしまうような家事をこなします。

 

 

それでも、いちいち何もないことで呼ばれたりしないし、作業の邪魔をされないので気楽。

 

 

食後のマッサージをしなくてもいい。

 

 

お風呂を沸かさなくてもシャワーで済ませられる。

 

 

週に2回くらいは飲みに出てくれるので、一人でぼーっと過ごす日もあれば、ガシガシ片付けをする日もあります。

 

 

月に一度は一人旅にも出かけてくれるので、ブログの細かい設定をコツコツとしたり、ドンドンと断捨離したりと、一人でないとやりにくいことを済ませます。

 

 

こういう日に、ふと、不安に襲われるときがあります。

 

 

わたしの同居人、仕事をしていません。

 

 

仕事を辞めて2年目くらいの頃、

 

 

「僕の、長い長い夏休みが・・・

 

 

始まったばかり・・・!」

 

 

と言い放ったときには、なんとも言えぬ脱力感がありました。この人はなにを言っているのだろう?

 

 

あれから7年。仕事を辞めてから9年です。

 

 

彼には収入がないので生活費など、ほとんどわたしが支払っています。

 

 

家賃、光熱費、食費、ガス電気、外食代。

 

 

わたし手取り14万円ですよ?

支出は月にだいたい13万円ほどになります。

 

 

彼は貯金があるから今のままでもいいみたいです。わたしはというと・・・

 

 

なのに、唯一節約のできる固定費を減らすことを許さないのです。

 

 

ケーブルテレビはほとんど観ないので、解約したいと言ってもダメだと言いました。

 

 

スマホも格安に替えたいと言ってもダメだと言いました。

 

 

ガラケーも全く使わないけど、もしもの為にと解約させてもらえません。

 

 

いよいよ、大好きな趣味のバレエは浪費なのだと自分自身に言い聞かせ「バレエやめる!」と言ったら、またダメだと言われました。

 

 

なんのこっちゃ(笑)

 

 

もっとわたしも貯金がしたいから、毎月彼に渡している光熱費など諸々代を払うのを、もうやめたい、と思うようになりました。

 

 

本当は共用している部分を折半すると、その倍の金額をわたしが貰わなければいけないのです。

 

 

でも言えない。

 

 

彼は毎日なにをやっているかというと、ゲームやら動画やらをみています。

 

 

夜ごはん作りとごみ捨て、お野菜の仕入れはしてくれています。

 

 

まだまだ働く気はなさそうで、セミリタイア的な?!いやいやいや、そんなバカな。

 

 

昨夜わたしは、無意識に芋けんぴを爆食いしておりました。。。

 

 

なにかのストレスかな。

 

 

今の生活はのんびりと穏やかで楽ちんだなーと思うけど、不満もそれなりです。

 

 

それぞれの家庭には、なにかしらの不満はあるのだと思う。

 

 

それぞれに、黙って我慢していることもあるのだと思う。

 

 

言いたいけど、言えない。

 

 

お金のことって、デリケートですよね。

でも、大事なことだよなーと。

 

 

お金があるから幸せになれるとは思っていません。お金持ちの家だって、辛いこともあるって聞きます。自分の思うままにできなかったり、家族関係が破綻していたり。

 

 

ただただ仲良しの私たちは、お金がないなりにも幸せなのかもしれないです。

 

 

結婚もしていないし、親には迷惑や心配かけてるから、それはちょっと申し訳なく思っています。

 

 

行き着くところはいつも、もっと勉強しておくのだった。そしたらもう少し良いお給料のもらえるところに勤められたかな。そしてもっと早くに貯金をしておけばよかった。

 

 

なんて過去を振り返り、悔いるばかりで。

 

 

でもこうして書いたことで、少し気が晴れた感じがします。もうすこしは頑張れるだろうと。

 

 

今日のめんおうさんのブログにも書かれてあったけど、現状を変えたければ行動するしかないのですよね。

 

 

なにができるかまだ模索しているけれど、もっと穏やかな未来にしたいです。

 

 

また、ブログでぼやくかもしれません。

ここでしか吐き出せないんだもの。

 

 

でも今年はもうお終いにします。

 

 

ぐちぼやき、ごめんなさい。

もし読んでくださった方がいらっしゃいましたら、

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

サクヤ。