サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

ダイエット中の食事のとりかたで気をつけたい3つのこと

スポンサーリンク

この記事をシェアする

f:id:sakuyamoon:20190201150524j:image

ダイエットを成功させるためには、食事のとりかたが重要になってくるのだそうです。

食事8割、運動2割くらいで。

 

痩せなきゃ!と極端に食べる量を減らして、その反動でドカ食いをしてしまったことはありませんか?

わたしはいつもなんです(笑)

 

今まで無理なダイエット方法をしては辛くなり、挫折ばかりしてきました。(キホン意志も弱々)

 

今回はゆるく無理なく長期的に続けたくて、医師や管理栄養士さんのおすすめの方法をネットなどで調べて、自分なりにまとめてみました。

 

詳しいメカニズムまでは書いていませんが、理解や解釈が違っている部分などありましたら、ご指摘いただければ嬉しいです。

 

 

 

ダイエット中の食事のとりかたで気をつけたい3つのこと

これならできそうかなと思ったのは以下の3つです。

1.食べる順番

2.ちょっとだけ糖質制限

3.食べる量は減らさない

 

丼ものだいすき、麺類だいすき、スイーツだいすき。

 

ダイエット中の食事に関して、好きなものが好きなだけ食べられずストレスが溜まりがちです。

 

欲望のままに食欲をコントールできないわたしですが、たまにはガッツリ食べてもいいように、普段の食事をできるだけ太らない食べ方にして、ダイエットを成功させたいと思っています。

 

食べる順番

今いちばん優先させたいのは食べる順番!

 

ダイエットをしている方ならご存知の方も多いことと思います。ベジファーストと言われるその名のとおり《 野菜から食べはじめる 》ということです。

 

食べる順番を注意することで、血糖値の急な上昇をおさえて、脂肪の原因となるインスリンの過剰分泌を防げるのだそうです。

血糖値の上昇をゆるやかにするということは、ダイエットにも健康維持にも効果があるのですよ。

 

◎食物繊維の豊富な野菜やスープ類から食べはじめる( 食物繊維はたっぷりが大事!)

◎海藻や植物性たんぱく質の大豆類を食べる

◎お肉や魚などの動物性たんぱく質を食べる(筋肉のもと!)

◎糖質であるごはんなどの炭水化物をゆっくり食べる(脂も一緒に摂るとさらに吸収がおさえられるよ)

◎この過程で糖質や脂肪の吸収がゆっくりになり

◎血糖値の上昇がコントロールできてインスリンの過剰分泌がおさえられる

◎ゆえに脂肪がつきにくくなり、食後の空腹感も抑えられる

◎今日はカレーだけどどうやって食べればよいの!(笑)

うん、たぶん副菜から食べて具のにんじんなど食べたのちに、じゃがいもやごはんかな。

 

血糖値の上昇をおさえるとかなんとか。

「 自分には関係ないこと 」だとなぜか思っていて、気にせず生きてきたことをひどく後悔しています。

 

「 ひと口目はお野菜 」とだけは意識していたけど、3分の2、せめて半分くらいは野菜やお肉などを食べてから炭水化物を食べはじめるほうが良いみたいです。

 

最近になるまで三角食いが苦手だった人なので、この食べ方でもすんなり大丈夫でした。

 

ちょっとだけ糖質制限

先ほどの食べる順番を意識することで、糖質である炭水化物の食べる量を自然と抑えられるはずです。

 

ごはんをよそう時点で《 お茶わん半膳 》にしておけば、ちょっとだけ糖質制限をすることができます。話題のロカボ食ですね。

食物繊維の多い玄米におきかえるのもおすすめだそうです。

 

炭水化物も必要なエネルギーなので適度な量を食べて、ダイエットに繋げたいです。

 

食べる量は減らさない

同じく食べる順番を意識して血糖値のコントロールをすることで、過度な食事制限はする必要がなくなります。

 

ゆっくりとよく噛んで食べるのも、満腹感につながり過食することもなくなります。

好きな食べ物だって我慢せずに食べられるのです。

 

とくに食物繊維が豊富な野菜をたっぷり、筋肉づくりにも大切なたんぱく質を摂って、健康的にダイエットを進めていきたいですね!   

 

とはいえ食事のとりかただけではダイエットを成功させるのは難しいと思うので、適度な運動も取り入れつつ、長期的に続けていくつもりです。 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

 

これらはダイエット中でない人にも大切なことかなと思いました。気になった方はすぐにでも試してみてくださいね♩

 

以上、わたしがこれから続けてみたい『 ダイエット中の食事のとりかたで気をつけたい3つのこと 』でした。

 

 

では。