サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

この職場で働いていることが楽しくない時に乗りきる思考とは

スポンサーリンク

この記事をシェアする

f:id:sakuyamoon:20190206170226p:image

仕事いやだな、行きたくないなーてことが定期的にやってきます。

 

今がその、仕事いや期。

 

なぜだろうと考えた時に浮かぶのが《 この職場で働いていることが楽しくない時 》

諦めて開き直ってやがてまた楽しくなる時もあれば、楽しくないことがしばらく続くことも。

 

仕事いや期がくると、職場の人と目を合わせられなくなって、店の後ろのほうに淀み佇んで、もくもくと内職したり掃除などしています。

 

大人なのにすみません。どなたか喝を。

 

もちろん接客や通常業務はきちんとこなしています。仕事をすること自体は好きなんです。

 

仕事いや期の言いようのない胸のザワつきはどこからくるものなのか、嫌だなー不安だなーと感じる点を思いついたままいくつか書き出してみようと思います。

少しは楽になるだろうか。

 

  • 勤め始めて今までなにかしらの成長ができているのか不安

(なにかスキルを習得できたかと言われればなにも得られていない気がする。これは自分自身で意識して取り入れるべきことだったのか)

 

  • 役立たずと思われているのではないか

(大きな貢献はできていない、なので役立たずなのかもしれない)

 

  • 自分が成した仕事に興味を持たれない

(目新しいことに挑戦しても無関心、無評価。やりがいとは)

 

  • 相談をしても分からない任す、と投げられる

(常に任されることはありがたい、相談した時くらいは助言がほしいというのはわがままなのか)

 

  • 時給が十数年前の一度きりしか上がらない

(最低賃金が現在の時給に迫ってきている。経営状態も大変だから理解した上で。自分で転職するなりすべきだろうけど、スキルの無さやいろいろな理由で踏み込めない)

 

  • 経営者の数字や管理の甘さに毎月愕然とする

(今になり露呈されたけどとにかく甘くて緩くて不安になる。月末に一悶着あっても変わろうという気はなさそう)

 

  • バイト店員のわたしに良い業態転換先はないか、どうやったら売上アップになるか聞いてくる

(はい?・・・言葉を失う)

 

  • 意見を求められ提案するも聞き入れてもらえない

(いくつか提案したけど実践はされない。面倒なのだろう)

 

  • 経営者の言い訳がみっともない

(よくよく聞けば全部人のせいにし言い訳ばかりしているよう。もうなにも言わないと決めた)

 

  • 良くも悪くも怒られたり、注意をうけたり、指導されたり、褒められたりしたことがない

(チームワークとは無縁、親子(店長とその母)の中の孤独な職場なり)

 

  • 何もかもがバカらしく思えてもう頑張れない

(もうなにやっても無駄な気がするので無心で働く数日、もうどうなってもいいとさえ)

 

 

それでも仕事をする上での最低条件として、

 

⚫︎お客さまをいちばんに

⚫︎それなりに試行錯誤を重ねて

⚫︎モチベーションを保ちつつ

⚫︎常にに仕事をさがしては手を動かし続け

⚫︎自分自身の在り方を問い続ける

 

このように努めてきたつもりですが、すっかりと自信がなくなりました。

アルバイトなりにこのラインまではキッチリとこなそう!とやってきたことも、正しかったのか間違っているのかもよく分からなくなりました。

 

職場によってアルバイトの働き方範囲はそれぞれだと思うけれど、このままでよいのかと不安に襲われています。

 

会社勤めをほとんどしたことがないので、組織での基本がわからず自分なりに探りつつここまできました。それでも許されてきましたし。

 

今後、どのように乗り切ればよいのか。

 

高卒のわたしを雇ってくださりお給料をきちんと頂いているだけでも、ありがたいとせねばならないのでしょうかね。「やりがいとか安心とか」わたしのような頭のよくない人間には与えられないものなのですかね。

 

せめてこのメンバーで十数年続けていくのなら、経営者である店長が先導してくださるだけで頑張れるのに。スタッフを纏めることを怠っているのではないかと思ってしまう。

 

 

今後、心持ちをどのように保てばよいのか四十にもなってまだまだ悩ましいものです。