サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

簡単に作れるよ!ザクッとおいしい手作りチョコフレーク

スポンサーリンク

この記事をシェアする

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

f:id:sakuyamoon:20190416154941j:image

世はバレンタインデーだったのですね!

 

と昨日、ベリーの暮らしさんの記事を拝見して気づきまして。

 

わたしでも作れそうな簡単手作りチョコレシピだったので、さっそく真似して作ってみました♩(ベリーさんありがとうございます)

 

 

 

《手作りバレンタイン》ザクッとおいしいチョコフレーク

手作りチョコはかれこれ18年ぶりくらいかな。

 

スーパーでもお安く買える材料で、丁寧に作っても30分くらいで出来るのでさっそく作ってみました。

 

板チョコのミルクとホワイト

f:id:sakuyamoon:20190214121255j:image

ロッテ・ガーナのミルクチョコ1枚、ホワイトチョコ1枚。(1枚 84円)

 

2枚ずつ買おうかと悩みましたが、足りなければすぐに買い足せるので、とりあえず1枚ずつから作ることにしました。

 

シスコーンのフレーク

f:id:sakuyamoon:20190214122032j:image

コーンフレークはいちばん安いものにしました。

 

フルーツグラノーラでも美味しそうですが、500円以上するので断念。

 

普段シリアル食べないのでとにかく安くて量の少なめなシスコーンにしました。(220g 213円)

 

板チョコはパリパリと割って耐熱容器に入れて、湯煎か電子レンジで溶かします。

 

チョコを溶かす

f:id:sakuyamoon:20190214123217j:image

湯煎はめんどうだったので、レンジでチンしました。500Wで2〜3分かな。

 

チョコが溶けたらカレースプーンに8杯分のコーンフレークを入れて混ぜあわせました。

 

自分はてきとうに入れたのでグラム数まではわかりませんが、分量的にはチョコとフレークが2:1になるようにすればいいみたいです。

 

板チョコは1枚50gかな。もったりとしない程度にフレーク全体にチョコが行き渡りました。

 

チョコフレークを形成

f:id:sakuyamoon:20190214124005j:image

バットにラップやクッキングシートをしいて形成して並べていくだけ。べたっとひっつくかと思ったのですが、固まれば簡単にはがれてくれました。

 

なにも考えずにそれぞれ6等分にしてしまったけど、スプーン8杯にしたのだから8等分にすれば良かったかも!

 

ひと口で食べられるようにもっと小さくてもいいですね。

 

冷やし固める

f:id:sakuyamoon:20190416162112j:image

室温も低いので丸めているそばから固まりはじめてました。ここは急いで。

 

わたしは冷蔵庫で一晩冷やしたよ。

 

ふぁっ・・・

美味しそう

 

簡単にできた!

f:id:sakuyamoon:20190416162155j:image

ミルクチョコにはシナモンを一振りしました。ほんのり大人っぽい風味に仕上がります◎

 

フレークを細かく砕いてチョコを多めに固めれば、チョコクランチにもなりますね!

 

コーンフレークがまだまだ残っているので、クランチも作ろうかなと考え中です。

 

お菓子作りはほぼ出来ないわたしでも、簡単に作れました◎

 

 

- - - - - - - - - - 

 

同居人に渡したらどんな反応をするかなと楽しみです。

 

バレンタインにチョコ作りをするのは18年ぶりなのですが、その時はなかなか食べてもらえず「もう二度と作るまい」と決めました。

 

それ以降は、海外の有名ショコラティエの高級チョコレート、

 

『ピエール・マルコリーニ』

『ジャン・ポール・エヴァン』

 

などを渡していたのですが、それもなかなか食べないのですよ(笑)

結局はもったいぶって食べない人だったみたいです。 (チョコは大好きな人です)

 

今年は高級チョコはやめて小さなケーキのみにするつもりでしたが、簡単で数百円でできるのでお試しに作ってみました。

 

同居人へは16日の朝に渡すので、気軽にザクザクッと食べてほしいな!

 

30分もあればできるので、皆さまもぜひお試しください。

 

めちゃくちゃおいしいです。

 

「ベリーの暮らし」さん、ありがとうございました。