サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

汚部屋の片付けは判断を見誤るくらいがちょうど良い

スポンサーリンク

この記事をシェアする

f:id:sakuyamoon:20190220184242j:image

昨夜は『 不用品ポイポイナイト 』

好きなものを見直しました。

 

不用品ポイポイナイトとは、同居人不在のあいだにひっそりと行うソロの片付けイベント。

 

イベントというほどの大ごとではないのですが、名付けたほうがより楽しくなると思ったので(笑)浅はか。

 

今まで見向きもせず当たり前に所有していたモノ、久しく姿をお見かけしなかったモノたちと向き合う、サクヤの夜のひとり時間です。

 

ここ10年以上なんとなく生き、なんとなくモノが増え続けていました。

 

昨年「 朝活でさくさく汚部屋の片付け 」と題し、スッキリした朝の脳で効率よく片付けました。

【目指せミニマリスト!】汚部屋を朝活でさくさく断捨離 - サクジツ日記。

 

しかしここ最近は、夜な夜な眠気と戦いながらゴソつくのが好きですし、気分的にも良いことに気づきました!

 

好きというより癒しの域ですね。

 

いったん部屋をとっ散らかしてもイライラすることはありませんし、いちいち悩みはするけど「これはどうしようか?」と決断する時は、ネガティブな感情はかけらもなく穏やかです。  

 

朝のほうが決断力は冴えますが、もはやわたしのような汚部屋の住人は少々鈍いくらいのほうが良いのですよ!

 

うっかり捨てる捨てないの判断を見誤って「あ!」とはなりますが、だいたいは無くても困らないモノのはずなのです。

 

本当の本当に、無くて困るものって何もないのだと思います。捨てようかと迷っているモノだとなおさらです。

 

 

昨夜は手紙を書くのが好き、紙の質感やデザインがたまらなく大好きということで集めていたレターセットなどを見直しました。

この他にもメモ帳やノートも。

 

f:id:sakuyamoon:20190220124438j:image

これは・・・悩みました・・(笑)

 

手紙を送り合うような友人も疎遠になり居ませんし、メールやLINEなどでこと足りる人ばかりとのお付き合いになったので紙は不要です。

 

モノへの執着心は減ったとはいえ、透け感のある封筒など眺めていると今でもキュンとするので、処分を決めるのには少し戸惑いました。

f:id:sakuyamoon:20190219231057j:image

f:id:sakuyamoon:20190219231106j:image

 

問題なのは貧乏人ゆえに買い直しをしたくないこと。

 

全部捨ててしまった後にもし必要になった時、それはそれで買い直しをすれば良いという人もいるかもしれません。

 

ですが、根っからの貧乏人魂はそれを許さないため、どうしても全捨てできずに残しておいたりするのです。潔くないかもしれませんが、節約心なのでしょうね。

 

 

 

あとは、コスメ関係で使わなくなったものが溜まっていたので、こちらも見直しました。

f:id:sakuyamoon:20190220124453j:image

 

アイシャドウのパレットでどうしても残る色があるのは、とても悩ましいですよね。

自分はいつもハイライト色を残してしまうので、使いきろうと思ううちに使わないまま捨てられずに残していました。

 

どう考えても使用バランスが取れず使いきれたことがないので、今後はブラウン系単色で買ってもよいのかなと思っています。

 

結局レターセットもコスメも深く考えることか面倒になったため、全部処分してしまいました・・・

 

「これぞ判断見誤りマジック!笑」

 

 

正解はないし、どれが最善かわからないので、日々問い続けて行動をしていくしかないですね!

 

モノもコトも流動させるのは大事だなあって感じます。淀みからはなにも生まれないなと。

 

 今月頭から入会させていただいた『 断捨離サロン 』ですが、

はじめてのサロン『断捨離サロン』での学び、なんとしてでも汚部屋を脱したい - サクジツ日記。

 

片付けを現在進行形で取り組まれている、またはすでにミニマムな暮らしをされている方などの会話の端々にヒントがあり、よい感じに背中を押してもらえるので考えさせられる機会にもなっています。

 

「 汚部屋が片づかない 」

「 どうやって片づければいいかわからない 」

 

などのお悩みがあるのなら、すでにある程度されている先人の声を聞いてみるのも、よいのではないかとも思いますね。

 

お片付けの技には『 1日1捨 』『1in1(2)out 』などありますが、それらに惑わされず自分に合ったやり方、自分に合ったペースで片付けていければいいかなと。

 

2019年、あと10ヶ月で自分の持ち物だけは、すっきりと片づけられるという予感はあります。

 

では今日も家に帰ったら次はどこを見直すか、わくわくで過ごそうと思います。

 

汚部屋の住人、サクヤでした。