サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

思いついたら即処分、お手洗いのタンク上を見直し

スポンサーリンク

この記事をシェアする

こつこつと断捨離を進めています。

 

季節の変わり目のせいか、この時季は体調を崩しがち。かんたんに作業できる場所を無理のない範囲で取りかかっています。 

 

昨日はお手洗いのタンク上を片付けました。

 

 

 

タンク上に集めた雑貨たち

f:id:sakuyamoon:20190410004617j:image 

ごちゃごちゃとモノを置いていました。

 

『Francfranc』で購入したフレグランスフラワーや『私の部屋』の石けん、頂きもののアロマストーンやキャンドル、猫の写真。

 

スペースがあるとついつい雑貨を置きたくなる『 汚部屋脳・マキシマリスト精神 』で無意識にモノで埋めていました。

 

 

処分したもの

フレグランスフラワー

お掃除が難しくホコリが溜まっていたので処分しました。木の器もセットで処分したかったのですが、同居人が嫌がりそうだったので残しました、無念。

(同居人はモノを捨てるのを嫌う人です)

 

アロマストーン

フラワーレリーフとシェル型のストーンは、プレゼントに頂いて依頼、一度も香りをつけ足していないのでただのオブジェになっていました。

可愛くて大好きだったのですが、処分。

 

アロマキャンドル

初めのうちはストロベリーのいい香りがしていましたが、時間が経つにつれ存在感をなくしてしまったので処分。

 

 

ひとしきり片付けたら、このようにさっぱりとしました。

 

f:id:sakuyamoon:20190410004655j:image

 

ドイリーはスマホを優しく置けるようにしいてあったので、残しておくことにしました。

 

自分的には猫の写真とドイリーだけで良いのですが、木の器は違う場所で使えるところがないか探して、しばらくは同居人の反応と様子を見てみたいと思います。

 

 

思いついたら即処分

バレエのレッスンへ出かける前であまり時間がなかったのですが、ここを片付けたい!と閃いたのですぐに行動しました。

 

その熱が冷めないように、

ここ気になるなー

片付けたいなー

処分したいなー

と思ったら即、手を動かすようにしています。

 

詰めこみ収納のままの場所もたくさん

まだまだモノを詰めこんだままの場所もたくさん残っています。

 

あの、

よく、

押入れとかにぱんぱんにモノ詰め込んで飛び出す前にバーンと戸閉めるという(笑)ああいうことをまだやっていますね。

 

 

こないだシンク下の収納を写真に撮ったので見てください。(モノクロ済み)

 

 

 

閲覧注意!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:sakuyamoon:20190410005223j:image

(汚い!!) 

 

ここは三角コーナーのネットを取り出すときに毎日開けています。気になっているけど、後回しにしてしまっています。

 

どうやって片付けていいのかわからないのです。奥のほうは同居人が以前使っていたモノたちがあって、捨ててはいけないと言われています。

 

バケツ、洗面器、石鹸置き、ドライヤー、工具、浄水器のスペア、テープ類、防虫剤、洗剤、などなど。

 

シンクの下の3箇所の扉がまさにこのような状態です。夏が来る前になんとか片付けたいところ。

 

だって昨年は、あの憎き黒く光る例の虫が何度も目撃されたのですよ。本当に耐えられないです・・・

 

彼らにとっては最高の我が家なのかもしれないですし、罪はないのですけど、ねえ。

 

無理でしょ。

 

古い建物ですし、汚部屋のわりには今まであまり見かけなかったのですが、昨年の夏は3回も見かけたのです。

 

汚部屋の片付けも掃除も急ピッチで進めていかねばです。

 

まとめ

今年中には自分の持ち物をすべて見直すこと。

 

思いついたらすぐに手を動かすことが大事だと最近ほんとうに思いますね。

 

▽2月の頭から入会した断捨離サロンも良い励みになっていますよ!

 

できれば年内に断捨離も完了できれば良いのですが、同居人との兼ね合いもあるので焦らず進められたらと思っています。

 

汚部屋の片付けはものすごく労力が必要ですが、諦めずに根気よく続けていくことが大切だと思っています。

 

 

では。