サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

平成最後の日を味わう -早番、掃除、レッスン-

スポンサーリンク

この記事をシェアする

f:id:sakuyamoon:20190430150955j:image

平成31年4月30日

 

平成が終わる。

 

しっとりとした朝でした。

このところテレビやネットでは「平成最後の」と聞くようになり、数日前からドキドキとしています。

悲しみの日ではなくて、静かに新しい時代になってゆく感じがして、気持ちも引き締まる感じ。

 

大型連休の影響で、22日の月曜から6日の火曜までの14連勤になってしまいました。

正直きつい。

 

しかし、今日はいつもより早い時間帯に趣味であるクラシックバレエのレッスンがあり、仕事を17時までの早番にしてもらって行く予定にしています。

 

ちょっとでもレッスンを休むと身体が重く硬く感じるのです。スタジオも連休に入るので行ける時に行ってしまわねば、ということで。

 

早番の退社時間からバレエのレッスンまで少し時間があるので、「令和」を気持ちよく迎えるために部屋の掃除でもしておこうと思っています。

 

皆さまはどのようにお過ごしでしようか。

普通?うん、普通にお休みの方もいらっしゃるし、お仕事の方も。ご苦労さまです。

 

うちの同居人はというと、

「ぼくの誕生月が終わる・・・!

             今日は平成最後の・・・!」

などと言い、3日前くらいから家にいないんですけど。自由なもんですよね。これを良い区切りとしてくれればいいのですけど。

 

夕方からも飲みに出かけるそうなので、早番で掃除にレッスン、ひとりでしたいことだけして過ごせるから最高です。

 

片付けもサクサクしてしまおう!

 

 

平成最後の日は、最高の日として締めくくります。

 

 

では、皆さまよい平成を!