サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

わたしの中の「クラシックバレエ」

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

趣味でクラシックバレエを習い始めて15年。

今年の5月で16年目かな?自分にしては長く続いていることのひとつです。

 

f:id:sakuyamoon:20190403104228j:image

 

わたしがバレエを習い始めた頃は、テレビやドラマの影響なのか「大人から始めるバレエ」が流行りの時期で、たくさんの生徒さんと一緒にいちから始めました。

 

大人バレエといえばお金や時間を持て余したマダム(笑)などが通う、少し敷居の高い習いごとのイメージでしたが、平日の朝にあるカルチャークラスでは主婦や夜間お勤めの方などがほとんどで、すんなり馴染むことができました。

 

しかもその中で26歳と若かったわたしは、皆さんにちやほやと良くしてくださって居心地もよく楽しかったです。「息子の嫁に」とよくお声がけ下さったのもよい思い出ですね笑。

 

そもそもは大人になってから始めたバレエですが、きっかけは苦しい現実からの逃げのためでした。

 

近しい人の精神疾患。

鈍感なわたしでもちょっと精神的に滅入りそうになっていた時に見つけた、地方新聞のカルチャー「 大人から始めるバレエ 」の生徒募集でした。

 

逃げというか、好きなことや興味があったことに挑戦することで、気分がリフレッシュしたり癒されたりすると思ったからですね。でないと自分も飲み込まれそうだった。

 

こちらまで病んで共倒れになってはいけなかったからです。

 

運動は苦手でしたが、ダンスは地元のよさこい踊りで触れる機会も多かったので、踊るのが好きだなぁということはずっと秘めていました

 

ちなみにわたしの母は東京で現役の社交ダンス講師をしています。小さな頃からその姿を見ていたので、踊ることの抵抗感はあまりなかったのだと思います。クラシックバレエは幼い頃からの憧れではありましたし♩

 

こうして長く続いてはいますが、上手になったかどうかはもちろんNOで(笑)、上手になる気配がないし何のためにやっているのだろうと思うことも多々あります。

 

本気でバレエに取り組まれている子供の15年と大人の15年は全くの別物と言っても良いでしょう。

 

大人からでもいったん上手になるのですが、感覚見失うと平気でできなくなりますし、すぐ忘れるんですよね。一歩進んで二歩下がるんです。先週できたことが普通にできないから「えぇーー!!??」てなるんです。

 

今はステップアップよりも現状維持のほうが大変ですが、それなりに鍛えたり上手に見せるコツもわかりだしてまだ伸びる!と感じているので諦めずに続けている感じです。

 

本当のバレエって芸術だし、なかなか掴めない部分が大きくて決して登りきれない山だからこそ、大人バレエを続けられる魅力でもあるなと思っています。

 

ひとつ掴めたときは心の芯が奮い立つような喜びがあるので、出来ない辞めたいと諦めたことは不思議と一度もないですね。

 

だからまだまだ掴みにいくよ!!

 

という感じでモチベーションの波はあるけど、ずっと気持ちだけは前を向いている。

 

日程は決まっていないのですが、スタジオパフォーマンスがあるそうで皆んないい感じの前のめり感です。

 

スタジオパフォーマンスはホールなどを借りて舞台をする代わりに、日々の練習の成果を発表する場としてスタジオで照明のみ設置してパフォーマンスする公演です。

 

子供たちは親御さんたちが観に来られますが、大人たちはお客さんを入れずビデオ撮影のみ、内輪でワイワイで楽しいのですよ。

 

まず踊る演目をなににするか決める時間や、練習時間も増えてモチベーションもさらに高まりますし、衣装や頭飾りを手作りしたりとかいろいろ考えるだけでワクワクするんです。

 

深い紅のクラシックチュチュを着たいとか(わたしはデブなので無理)、純白のロマンティックチュチュで背中に羽根を付けたいとか。

 

目標をもって何かを出来ることってとても貴重なこと。そのためにも身体が健康なのがいちばんありがたいとも思いますね。

 

パフォーマンスをするにあたり練習した過程が充実したものになり、終わったあとの達成感もあるから自信にも繋がります。

 

来月は泊まりでお出かけする予定が入っているので、日程次第では出演できるかわかりませんが、出ても出なくてもスタジオ内が舞台モードの空気になるのはとても好きです。

 

このまま何事もなければ、クラシックバレエはずっと続けられたらいいコトのひとつかな。

 

歳をとってもエクササイズとしてのバレエはとても良いのですよ!海外でも歳を重ねたバレエ生徒さんがとても多くて、それぞれに自分のペースで続けられています。

 

ピアノの音に合わせてゆっくり呼吸と身体を動かすのも優雅だと思いませんか? ゆっくりとしてるけど汗はものすごくかきますから、レッスンを終えたあと気持ちがいいのです。

 

 

今わたしの人生でいちばん好きだと思えるコト、クラシックバレエについて書いてみました。

 

 

では。