サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

何を着たらいいかわからない、体型に自信が持てない!骨格診断できれいに見せるヒント。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

f:id:sakuyamoon:20190524103902j:image

先日、白ミニマリストエリサさんがYouTubeで取り上げられていた『骨格診断』。

前々から気になっていたので、セルフで診断をしてみました。

 

骨格診断・自己診断|骨格診断ファッションアナリスト認定協会

 

骨格診断とは?

「骨格診断」とは太っている痩せている関係なく、生まれ持った骨格によって、自分の体型に合う洋服を選べる指針となるもの。

 

▷ストレート

▷ウェーブ

▷ナチュラル

の3つのタイプに分けられます。

 

自分の「骨格タイプ」を知ることで似合う洋服のデザインや素材を知ることができ、印象や体型をより美しくキレイに魅せることができるというもの!すごい!

 

人と比べて自分の骨格はどうなのか、いくつかのお題に答えていきました。

 

チェックポイント

  • 骨や関節の大きさ
  • 体の厚み (むね、おしり)
  • 首のながさ
  • 肌の質感 (ハリ、柔らかさ)
  • 重心のバランス (上半身、下半身)

などなど

 

これが実に難しいのです。

比較対象が周りにいないと、判断に迷ってしまいます。

 

セルフチェックでは思い込みで判断しがちなので、プロの方に見てもらったほうが確実です。

 

自分の場合はプロに見てもらうほどの金銭的余裕がないのと、自分の感覚をまあまあ信じてしまっていますから・・(笑)

というのもまた思い込みです。

 

診断結果は妥当なところでした。

 

わたしはウェーブ

体に厚みがなく薄い、首が長め、脚が短く、下半身にボリュームがつきやすい。下重心。

柔らかな曲線のあるボディライン、肌は筋肉よりも脂肪を感じさせるソフトな質感。

 

なんとなく当てはまっています。

 

ウェーブタイプの特徴に合う洋服とは?

ウェーブタイプに似合う洋服は、薄手で透け感のあるやわらかな素材。

 

トップス

華やかでボリュームのあるデザインや、コンパクトなカットソーでもリブやレースを使ったもの。

華奢で女性らしいラインを引き立ててくれるのだそうです。

 

f:id:sakuyamoon:20190526121255j:image

 

嗚呼!

わたしはそのようなデザインか好きです。

甘すぎるものは年齢的に無理ですが、やわらかな素材はほんとうは大好きなのです!

 

ボトム

軽やかに見せるスカートや、パンツならばコンパクトなスキニーやクロップドが良いみたい。

 

下半身にボリュームがあり、短く見えがちになるからだそうです(笑)

 

このバランスに注意すれば、もっさりとしたコーディネートから抜けだせるかも!!と希望が持てました。

 

なぜなら、

・シンプルなTシャツに、ボーイフレンドデニム

・シンプルなボーダーカットソーに、ボーイフレンドデニム

という、体型に合っていない、いかにも手抜きな組み合わせをいつもしているからです。

 

f:id:sakuyamoon:20190525151613j:image

 

同居している彼と出会ってからは、彼のお下がり服ばかり着ていました。

 

ですが40歳を過ぎてからは、自分の好きな洋服に包まれたいと思い、お下がり服はなるべく着ないようにしています。

 

なぜかもっさりとして、自信が持てなかった自分の洋服。

 

たとえ有りものでも、組み合わせしだいで自分の体型にも自信が持てるし、洋服を好きになれるかもしれないのです。

 

上半身は貧相で下半身はしっかりに見えがちなウェーブタイプ、

  • Tシャツを着るなら、ボトムはスカートやワイドパンツ
  • ボーイフレンドデニムをはくなら、フェミニンなカットソーやデザインのあるもの 

で、合わせればよさそうでないですか?

 

断捨離をしてたくさん洋服を捨てたので、選択肢もしぼられて、服選びも楽になりました。

 

雑貨店勤務で服装に制約がないのに、無難な服や気にきっていない服ばかり着ているのはなぜだったのだろう。

 

あなたの体型は、こういう洋服が似合いますよ

 

自信のない自分の背中を押された感じ。

 

断捨離をして洋服を少なくできたからこそ、ファッションをさらに楽しめるように!

選び方のひと工夫で、着ていて嬉しい服になるといいな。

 

骨格診断というひとつの指標で、新たな発見がありました。

 

・何を着たらよいかわからない

・どんな洋服が似合うかわからない

という方に「骨格診断」をぜひ一度、試していただきたいなと思いました。

 

骨格診断・自己診断|骨格診断ファッションアナリスト認定協会

少しでも気づきのヒントになるかもしれないからです。