サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・シンプリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

ひとつのモノを持てば2倍3倍に増えていくよね

スポンサーリンク

この記事をシェアする

「片付けと掃除が大の苦手!」

汚部屋の住人サクヤです。

 

昨年からぼちぼちと続けている断捨離。

少しずつ進んではいますが、まだまだ目標のレベルにはほど遠い物量です。

 

f:id:sakuyamoon:20190425085126j:image

 

よくもここまで溜め込んだものだと。

いや、溜まるのは一瞬かもしれない。物が溜まってしまったことに気付かず過ごしてきた年月の長さたるや!

 

でもどこかでずっと、違和感は感じていましたね。

 

片付けや掃除が苦手だったのは、単に物量が多すぎたから。

 

これに気付いたときには自分の手には追えなくなるほど汚部屋と化していました。

(どこを眺めてもごちゃごちゃしているから視界がうるさい!)

 

 

で、先日ふと気付いたのですよ。

 

「ひとつモノを持てば、2倍3倍にモノが増えていくよね」

 

例えばテレビを持ったとして。

  • テレビ
  • テレビ台
  • リモコン
  • リモコンの電池
  • 電池のストック
  • クリーニングのクロス

などなどを持つことになる。

 

贅沢してハードディスクレコーダーなんて取り付けた日にゃ、さらに倍々に増えそう!

 

ファンデーションなら?

  • ファンデーション
  • ケース
  • パフ
  • クレンジング剤

などなど。

 

モノひとつに対して付属するアレコレ。

 

こうやって無限にモノって増えるのですよね。木が枝を伸ばし、家中に深く根を張るように。かんたんには取り除けない。

 

家の中でモノがどんどん成長している!

 

というか、わが家は実際にそうでしたし今もそうです。

 

・当たり前のように家にあって

・当たり前のように使うべきモノ

・○○ならこうでないといけないし

・○○なら持っていて当然!

みたいな思考に惑わされすぎてきました。

 

日々ミニマリストさんの生活や発信に触れていくと、わたしは大きな衝撃を受けます。

 

家のモノだけではなく生活や考え方まで、新しい発見があり新鮮・斬新・レボリューションでした。

 

でも昔からどこかで求めていたものだったような気がします。

 

だから今はとても楽ちん。

思考の断捨離って言うけれど、そういった思い込みや、モノをたくさん持たなければという常識をバスバス捨てられた!

 

モノはかんたんに2倍3倍に増えるから、少しでも生活用品や不用品を増やさないで暮らしたいと思っています。

 

だって「生活」が苦手なんだもの。

 

断捨離も時には迷いもありますが、必要かどうか疑うクセがついてきたのは、良い傾向かなと感じます。

 

汚部屋がキャンバスに変わるまで、まだまだ道のりは遠いかな。毎日が常識を疑うレッスンのよう。

 

 

サクヤ。