サクジツ日記。

汚部屋がカンバスに変わるまで。生きた証と彩りを踊りとともに描きたい。節約・貯蓄・ミニマリスト計画・バレエ・ダンス。そして日々のこと。

桜の見納めと、念願のうどん店であげたての中天うどんを食べて幸せだった日

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ブログやSNSなど見ていると桜の写真などがたくさんアップされていて、今年は見られないかと思いましたが、なんとか間に合いました。

 

昨晩小さな雨が降ったので散ったかな?と思いましたが、町の至るところでまだ元気に咲き誇っていました。

 

 

風は強いけれどお天気も良く、お花見日和♩

f:id:sakuyamoon:20190408194605j:image

花びらが目の前をはらはらと舞い散って、視界が白くなるようでした。

 

ここの公園で見る桜の並木はちいさくて素朴ですけど、のどかで幸せな光景です。

 

 

おじいちゃんとお孫さんがシーソーで遊んでいる景色。

 

会社勤めのおじさんがお弁当を食べているほっこりとした時間。

 

一番奥には横に広がる枝ぶりが立派な桜の木があり、その下には女性がカフェタンブラーを小脇に置いて読書をされていました。

 

 

陽射しの眩しい春の日に、この光景をみて、

「ああ・・・この平和さが、ずっと続いていれば良いな」と思いました。

 

生きていると辛いときや苦しいときが次々とあって。

沈むときがあるからこそ、このなんでもない日常が幸せだと感じるのでしょうね。

 

 

午前は定期の歯のクリーニングに行ったのち、10数年ぶりの念願のうどん店に行ってきました。

 

なぜそんなにも行くことができなかったからというと、いつも行くことを忘れてしまうのです笑。

 

時間帯がお昼のピーク時のほうが美味しくいただけるから、候補にあがりづらくなって遠のいてしまった感じで。

 

歯医者のために少し早めの昼食になったので、「行こう!」と思い立ちました。

 

f:id:sakuyamoon:20190409081412j:image

(手打ちうどん さか枝)

 

50席ほどありますが常に埋まっています。長い列ができていても回転率が早いので、必ず座れます。

 

予想通りうどんはあがりたてのものを食べられました!

 

やはり行く時間やタイミングは大事。正午あたりに行くと間違いないかな。

 

釜からあがりたてのうどんはコシが全然違います!

f:id:sakuyamoon:20190409005044j:image

鮮度が命!

 

欲張って中天うどん(うどん1.5玉と天ぷら)をオーダー

 

ちくわの天ぷらも縦半分にカットされていない、珍しい丸太のちくわ。

 

いつもはとり天やアジフライをいただくのですが、このお店ではついついちくわ天を頼んでしまいます。

 

お腹いっぱいになって、とぼとぼとまたお散歩して帰りました。

 

普段日光を浴びることがないので、日焼けは気になりつつたっぷりと光合成してきました。

 

f:id:sakuyamoon:20190409082957j:image

 

今年は桜も見納めかな。

 

今週の金曜と土曜は、母の住むトウキョウへ遊びに行きます。

 

メルカリ出品が売れておこづかいが1万円以上貯まっているので、楽しんできたいと思います◎

 

では。